読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム攻略wikiー極技ー

モンストの最速攻略ブログです。

百朝集漫遊 20 「好人 二」

厳遵(げん・じゅん) 字(あざな)は君平 西漢の時の人

城都の市に卜筮(ぼくぜい)し 日に数人を閲(み)るのみ

毎(つね)に卦詞(かし)に依って 人に教ふるに忠孝を以ってす

日に百銭を得 以って自らを養ふに足れば 則(すなわ)ち肆(みせ)を閉ぢ

簾(れん)を下して老子を読む

漢書

厳遵は、字は君平、前漢時代の人。

街の繁華街で易者をやり、一日に数人しか閲ない。

いつも八卦の言葉に寄せて、お客に忠孝を勧める。

売り上げが百銭くらいになって、その日の飯代を確保すると店じまいし、

シャッターを下して老子を読んでいる。

安岡先生のコメント。

人生にはかかる行き方(生き方ではない)もある。

何か限りなく考えさせる人ではないか。

不肖(安岡先生)も、どうかすれば、真似てみたい魅惑を感じている一人物である。

歳九十余にして卒(しゅっ)す、とあるから、さぞかし好い顔をしていたことであろう。

有名な揚雄(よう・ゆう)が若い時、就いて学んだと言うことである。

※揚雄(BC53〜AD18)は、前漢末の文人、学者。

なんだか、キシュウさんみたいな人だなぁ。